気になる家の傾きは業者に依頼して直すことができる!

傾いた状態を改善

作業員

原因を確認した上で

家が傾いていると、建具の開閉が困難になったり、家具などの安定性が悪くなったりします。傾きの度合いによっては、屋内をスムーズに歩くことができなくなったり、地震の発生時に家が倒壊しやすくなったりと、安全に暮らすことも難しくなります。そのことから、家の傾きを発見した人の多くが、業者に改善を依頼しています。ただし改善方法は、傾きの原因によって異なってきます。たとえば柱や床の劣化が原因となっている場合には、金属で補強したり部分的に交換したりすることで、傾きを改善できます。家そのものに手を加えるわけですから、こういった工事は、リフォーム会社に依頼することになります。しかし傾きは、地面の歪みが原因となっていることもあります。たとえば、斜面を盛り土によって平らにし、その上に建てた家の場合、盛り土が沈むことで傾きが生じる可能性があるのです。この他にも、地震による液状化や、川の氾濫による床下浸水なども、傾きの原因となります。このような場合は、改善するためには、家だけでなく地面における作業も必要となります。具体的には、地中の深い部分にある強固な地盤に鋼管杭を挿入し、そこにジャッキを取り付け、家を持ち上げていくのです。したがって工事は、地盤改良の専門業者に依頼することが大事です。また、その家を建てた建築会社に相談することも、ひとつの手です。建築前の地盤調査や地盤補強を行った業者を紹介してもらえるので、そこに改めて工事を依頼することが可能となるのです。

図面

契約から引き渡しまで

リフォームを行なう際には、業者との打ち合わせでプランを考え、詳細を決めていきます。そして、正式な見積書と実施設計図が提示され、内容に納得した上で工事請負契約書を結ぶようにしましょう。また、プラン通りに進んでいるかを確認するために、できるだけ静岡の工事現場へいくことをおすすめします。

作業員

見積もりをもらおう

神戸でリフォーム業者を探すときは、相見積もりが役立ちます。複数の業者から見積もりをもらって比較検討することで各業者の違いが明確になり、業者選びがしやすくなります。知識力や技術力が高く、相談しやすい業者であれば安心です。

内観

各社の個性を見極める

名古屋で行うリフォームの依頼先は主に、大手リフォーム会社、独立系リフォーム会社、設備系の会社、設計事務所、インテリアショップの5つあります。依頼先を決める時は数社から相見積もりを出してもらい、焦らずじっくりと比較検討しましょう。其々の会社の個性を見極め、何を重視するのかを考えて選ぶのがポイントです。